家電のパーツを買おうと思って気づいたこと

スポンサーリンク
お金に関する実践

家電などを買うときは、出来るだけパーツが買えるものを選んでいます。
最近は以前よりパーツの取り扱いが多くなったように思います。
ちょっと割高感はあるけど、本体が使えるなら、パーツだけ交換して使い続けられる方がいいですよね。

コーヒーメーカーのポットの調子が悪い

うちでは、このコーヒーメーカーを使っています。
保温に電気代がかからず、煮詰まらないし温かいまま移動させられる。
本体はスリムで置き場所も取らず、気に入っています。


※最近アマゾンで偽物をつかまされたので、今後は商品リンクは楽天にしようと思っています。
品物の説明のためリンクを貼っていますが、アフィリエイトが嫌いな方は踏まないでください。

で、このポット部分が、これまでは一切液だれせず快適に使えていたのですが、最近コーヒーが伝って落ちるようになってしまいまして。
購入履歴によると2017年の1月に購入しているようなので、2年半。
ほぼ毎日、1日に2回使うことも多々あるくらい使っています。
保温効果などは特に落ちてないんですけど、買い替えてもいいかなと思いました。

パーツと本体の値段があんまり変わらない…

ということで、ポットっていくらくらいなのか調べてみたんですが、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー ECJ700BK
価格:4528円(税込、送料別) (2019/8/21時点)

なんか、リニューアルされた本体があまり変わらない値段で売られてる…。
こうなると、すぐ「本体ごと変えちゃう?」とか思ってしまう私。

コーヒーメーカーの寿命って?

THERMOSの公式HPのFAQがサーバーエラーでつながらないので、象印のHPによると、中せんやパッキンは1年を目安に確認した方が良いんだそうです。

コーヒーメーカー本体の寿命ははっきりとは書いていないけど、こういう小さめの家電は大体5年くらいが目安らしいですね。
ということは、本体はあと2年半くらいは頑張れるはず。

ものを買うまでに考える時間が増えた

あと2年半頑張れるなら、本体はこのまま頑張ってもらおう。
その頃には自分の生活も変わっているかもしれないし、キッチンの食器棚を変えているかもしれないし、コーヒーメーカーも新しいのが出ているかもしれない。
だから、今回はポットだけを買って、壊れたときに本体を買い替えよう。
5年の寿命は目安だから、それ以上もつかもしれないし、もしかしたら1か月後に壊れるかもしれない。
でも、それでいいや。

私にとっては、そんなことを考えられるようになったこと自体が大きな変化でした。
特に、私にとって効果があったのは、
「自分の生活や好みは変わるかもしれない」
と考えてみることでした。
それでも欲しいと思うときもあるけど、止めておこうかなって思うときもあります。
でも、なんかそこで1つのハードルが出来ていて、それでも欲しいって思えるものだけを買うようになった感じです。
ちょっと成長したなと思ったできごとでした。

コメント