節約の本よりも、お金について学ぶ本

スポンサーリンク
お金に関する勉強

節約・貯金の本は何冊も読んだけど

これまでにも何度かお金の使い方の見直しを心に誓っては挫折してきました。
そして、そのたびに何かしら本を買っていたような…
文章を読んだり書いたりするのは嫌いではないので、まず手に取るのが本。
これまでに読んできたのは、

  • 〇〇家計簿
  • 〇〇するだけ!貯金術
  • 〇〇な人でも簡単にお金がたまる方法

こんな題名の本たち。
読んでみての感想はだいたい同じ。

はるか
はるか

共感できない!ぜんぜん簡単じゃない!
やってみたけど、続かない!

本に魔法が書いてあるわけではない

この本を読めば、ものすごく簡単に節約・貯金ができるかも!?
なんて期待しすぎてたんだと思います。
書いてあることを実践する覚悟がないと節約・貯金術を読んでも「ハードル高すぎて自分にはできない」ってなる。
もしくはやってみたけど続かない。

あと、お金の管理がルーズな人は他の物の管理も苦手で、部屋が散らかってて…
とか言う論調の本も多いんだけど、プロフィール↓に書いている通り、私には全然当てはまらないので、共感できなくて読むのが嫌になります。
(私がこの手の本のターゲット層ではないというだけですが)

方法論の本が役に立つ人
  • 著者の言うタイプにドンピシャな人
  • 本気と書いてマジと読む!節約・貯金のためなら何でもする覚悟のある人

方法論の本が役に立たない人
  • なんとなくこのままではダメな気がするからちょっと節約しなくちゃ…でも、しんどいのは嫌だな~っていう人
  • もっと自分に合った方法だったらできる気がするって思う人

はい、私のことです。
覚悟ができてなくて、この方法は自分には合わないけど他の方法ならできるかもって思っちゃう甘ちゃんです。

まずは「お金」について知ろう

ということで、覚悟を決めるためにも、「お金」と真正面から向き合うことにしました。
誰かに教えてもらった方法だけマネするんじゃなくて、自分なりのお金との付き合い方を考えよう。

そのために、まずは「お金」について知ることから始めるべきだと思いました。
で、読んでみたのがこの本です。

うだひろえ(著)、泉正人 (監修)
「誰も教えてくれないお金の話」

結論から言うと、とってもためになりました!
が、長くなったのでレビューは明日へ回します…
ごめんなさい(>_<)

コメント