家計システムを少し変更しました

お金に関する実践

このブログを始めたころ、家計のメインは旦那さんが管理していて、私は生活費と自分の小遣いを毎月貰っていると書きました。
お金の管理ができない私が、旦那さんにお願いして、そういうシステムにしてもらっていたのですが、少しだけ変化がありました。

スポンサーリンク

給与やボーナスを全て家計用の口座に入れたいと言われた

実は私、旦那さんの給与をちゃんと知りませんでした。
月の手取り額はだいたい知ってたし、聞けば教えてくれたけど、ボーナスの額は全く知らなかったです…
旦那さんがちゃんと管理しているから大丈夫と、あまりにも無関心だったかもしれません。反省。
旦那さんの方は、結婚してからの給与は2人の物と思ってくれていて、自分の給与や賞与額を共有して、使い方を相談したかったそうです。
でも、私が精神的にいっぱいいっぱいだったのと、お金の使い方が見ていて不安だったから言えなかったんじゃないかと。

最近私が家計簿をちゃんとつけだしたり、物の値段を気にしたりするようになって(ブログを書いていることは知っているけど、内容は秘密にしています。)、話せるようになったと思ったのかな??
7月のボーナス支給前に相談を受けました。

旦那さん
旦那さん

7月にボーナスが出るけど、そのタイミングで給与を全て家計用の口座に入れるようにしたい。
自分の口座は自分用の貯金と混じってしまうし、はるかさんにも僕の給料を把握していてほしい。

ザックリとした予算

ということで、初めて私も旦那さんと一緒に収入と割り振りを考えてみました。
※収入は端数切捨て、その他は端数切り上げ、支出は最大で計算しています。

月に使えるお金   ¥366,000-

住宅ローン     ¥85,000-
マンション管理費  ¥13,100-
生活費       ¥100,000-
旦那さん小遣い   ¥65,000-
はるか小遣い    ¥65,000-
交通費       実費支給(二人で¥15,000~20,000-ほど)

残額(貯蓄?)   ¥17,900-

因みに、小遣いには夫婦で遊びに行くお金や外食費、携帯代なども含みます。
また、以前から私は自分の小遣いと生活費は一緒に計算してるので、ここでは仮で予算にしています。(旦那さんの了承は得てます)

以前はお金のことを考えるのもイヤだった

ブログを始める前も、お金が無くなると「やばい!今度こそちゃんと管理できるようにならなくちゃ」と思ってはいました。
家計簿をつけたり、本や雑誌で見た節約法を試してみたり。
でも、結局いつも続かなかった。
家計簿も真面目につけられていませんでした。
よくある話ですが、現実を見るのが怖かったんです。
使い過ぎなのも、我慢ができな過ぎなのも全部わかってるけど、それを突き付けられるのが怖い。
赤字額が分かったとしても、節約も我慢もできる気がしないし(今も不安いっぱいですが)、だとしたら真実を知らない方がまだマシ。
たぶんそういう感じだったと思います。

今回は、ゆっくり、でも絶対に途中で投げ出さない

節約ブログを書いている方々と比べると本当にゆるゆるで、これで赤字になるなんて、お金の管理が出来なさすぎと言われそう。
貯金は手取りの2割は取れ!とか、小遣いが高すぎる!とか、けしからんと思われそう。
色々考えてしまって、金額を公開するかどうか悩みました…。
でも、ブログでは見栄は張らないと決めたし、出来ないことを隠しても成長できない。
少しずつお金との付き合い方を変えていくしかない。
回り道になったとしても、失敗があったとしても、絶対に途中で投げ出さないことを大事にしたいと思っています。
あと、平均的な予算はあくまでも1つの目安として確認しつつ、自分の価値観を大事にするというのも、今まで他人の節約法を無理やり真似しようとしてできなかった失敗から得た気づきでもあります。

はるか
はるか

時間がかかっても、必ず赤字解消してみせるぞ!

コメント