洋服代の予算を決めてみる

お金に関する実践

これまで、あまり無理をしない範囲でできる節約をやってきました。
いよいよ、次の段階に進む時期か…と思い始めました。

スポンサーリンク

これまでの方法では、そろそろ限界

ここのところ、少し手詰まり気味でした。
無理をしない範囲で、なんとか成果を出せないか考えてみていましたが…そろそろ限界じゃない?と。
それで、昨日の記事では今思っていることを書き出してみました。
そうしたら、やっぱり「無理しない方法では、これ以上は無理だ」とはっきり思いました。

はるか
はるか

当たり前と言えば、当たり前だけど、そろそろ予算内で生活」「予算を越える分は我慢」をしないといけないな…

自分がお金を使いたいと思っていないけど、なんとなく使ってしまっていたお金を削減することで以前よりは赤字がマシになりました。
でも、それだけでは黒字にならない。
自分がお金を使いたいと思って使っているお金も減らさなきゃいけない。

このブログのタイトルは「物欲を抑えたい」です。
結局、自分の物欲に勝てないと、黒字にはならないみたい。
出来れば逃げたかったけど、逃げられない…

でもやっぱり、一気には無理

物欲に勝たないと黒字化が無理らしいということが、家計簿やこれまでの無理のない範囲での節約を通してわかってきたのですが。
いきなり一気にあれもこれも我慢っていうのは、無理。
絶対無理。
途中で破綻する。

ということで、まずは1つの項目を絞って予算内で生活するようのに慣れていきたいと思います。
以前に食費の予算は決めてるんですが、それは私の体調のこともあって、努力目標感が強いです。
でも今回は、ご飯と違って体調関係なく、買わなくても死なないものについて、予算を立てたいと思います。
ただただ自分の物欲との戦いです。

どの項目が取り組みやすいか考える

やっぱり初めは取り組みやすい項目からスタートしようと思います。
いきなり難しいのに取り組んで、モチベーションが下がって止めちゃうのだけは避けたい。
でもって、最近の記事を読む限り、洋服代が一番減らしやすい気がする。
以前だったら洋服代を減らすなんて、そんなことは絶対考えられなかったので、自分でも意外ですが。

ただ、洋服はコートとかを買っちゃうと一気に高くついたりして、月々で予算管理しづらいんですよね…
どう考えたらいいんだろう?

  • 欲しい服しか買わない
  • 1週間以内に着る服しか買わない
  • サイズが合う服しか買わない
  • 着心地が良い服しか買わない
  • 流行はそれなりに取り入れる

これが、今までに考えてきた洋服を買うときのルール。
で、基本的に引きこもり生活の私は洋服の数はそんなに要らないはず。

例えば予算を¥25,000-×12ヶ月=年間¥300,000-としたとして。
春・夏・秋トップスが¥15,000×3=¥45,000-
冬トップスが¥20,000×1枚=¥20,000-
春・夏・秋スカートが¥15,000×3=¥45,000-
冬スカートが¥20,000×1枚=¥20,000-
靴が¥70,000-、インナー類や家着とかが¥50,000-として。
残り¥50,000-でコートとかを買う。
鞄とかの大物は、何かを我慢しないと買えないな…
買い替える分を売って足しにしたらもう少し余裕出るかな…

はるか
はるか

これくらいなら何とかできるか…
いや、出来ないとダメだよな。

まずはやってみよう

とりあえず、月の洋服代の予算を¥25,000-としました。
本当は¥20,000-くらいに収めたいけど、初めだからまずはこんな感じで。
上に書いた予定と照らし合わせながら、月々というより、年間で管理してみたいと思います。
トップスとスカートはシーズンに1着だけ。
できるかなぁ…

でもって、マネーフォワードでは管理しづらいので、エクセルで予算管理シートを作ろうと思います。
作業が増えるのは避けたかったけど、仕方ない。
だいたい、予定通りならシーズンに2着しか服は買わないんだから、そんなに記入することもないはずだしね。
…って、そんなに買わないのかー。
考えれば考えるほど、本当にやれるのか不安。

はるか
はるか

夏は既にトップスとスカート1枚ずつ買っちゃったので、もう買いません。
予算管理は来月からスタートで、買うのは秋物からにします!

コメント