既にコスト削減に成功しているもの・その2

スポンサーリンク
お金に関する成功&失敗

昨日の記事では格安スマホに乗り換えて「生きていくために必要なお金」を下げることができたという話を書きました。

今日は、もう1つ成功した基礎化粧品のブランド変更について書きたいと思います。

私の肌状態と基礎化粧品の選び方

シミ・しわ・毛穴など、あまり気にならない方です。
乾燥はしやすいかな。
自分が気にしてないだけで、周りには汚いって思われてたらどうしよう…

が、超アレルギー体質です。
刺激が強いというより、自分に合わない化粧品をつけるとすぐに赤いブツブツ発生。
以前、友人に連れられて行ったestのカウンターでBAさんに顔にサンプルを塗られそうになり、断ったら「腕ならいいですか?」と。
翌日、塗ってもらった左腕のみ真っ赤に腫れあがりました。
といったような経験多数。

なので、化粧品の選び方は、
自分に合うもの&潤うもの。
あと、日焼け止めが面倒で焼けてしまうので、美白効果もあれば…という感じ。

アクセーヌを10年近く使ってました

低刺激(私にとって問題なく使えるという意味)で、変なにおいとかもなく、使い心地も良かったのでずっと使っていました。

  • クレンジング;ミルキィクレンズアップ ¥3,024-
  • 洗顔;リセットウォッシュ ¥3,240-
  • 化粧水;ホワイトエマルジョンディープモイスチュア ¥5,940-
  • 保湿液;モイストバランスジェル ¥5,940-
  • クリーム;アクティバランス ¥7,560-
    計;¥25,704-
    ※全て定価で買っていなかったし、大容量サイズもあるので参考値です

気に入っていたし、先ほども書いたようにアレルギーが出ると怖いので、変えようという気持ちは全くありませんでした。

変えたきっかけは、結婚して扶養に入ったこと

結婚するまでは自分の収入があって余裕もあったので、かなり自由にお金を使っていました。
でも、仕事を辞めて、旦那さんが頑張って働いて得たお金をいただくようになって…やっぱりいろいろ考えました。
特に目についたのは服飾費と美容費。

化粧品に関しては、もともと値段は関係なくて、合うか合わないかが問題だったはず。
合うものだったら、安いのでも大丈夫なんじゃない?
そう思って、手近で試しやすい(ミニボトルがある)無印良品の化粧品を手に取りました。

実際に変えてみると、わりとあっさり…

ミニボトルを購入し、まずは美容液から、次に化粧水…という風に1つずつ試していきました。
旦那さんは「無理しなくていいよ」と言ってくれましたが、特に問題なくあっさり使えて今に至ります。

  • クレンジング;使わなくなりました ¥0-
  • 洗顔;リセットウォッシュ ¥3,240-
  • 化粧水;敏感肌用薬用美白化粧水・高保湿タイプ ¥1,590-
  • 美容液;エイジングケアプレミアム美容液 ¥1,990-
  • クリーム;エイジングケアクリーム ¥1,490-
    計;¥8,310-
    ※同じく定価で買っていないし、大容量サイズもあるので参考値です
    ※クレンジングを使わなくなったのは、全て石鹸で落とせる化粧品に変えたからです

単純に比較すると17,000円くらい安くなりました。
洗顔料は変えてないんですが、その他のアイテムで十分コストは削減できたと思います。

今使っている無印良品の化粧品たち

気になること

3年ほど使って、大きな問題は発生していません。

ただ…化粧品に関しては、両方を使い続けて、何年か後に結果が違ってくるのか、それがどうやってもわからない。
あのまま更に10年使い続けていたら、アクセーヌの方が肌がキレイだった…かもしれない。それは誰にもわかりません。

安易におススメはしにくいです

私の場合は特に問題なかったですが、化粧品を変えるのは勇気がいる人も多いかも。
女性はお肌の調子によって気分も左右されたりすると思うので、ちょっと他人にはおススメしづらいです。

ただ、化粧品を変えることに抵抗がない方には、コスト削減しやすい項目だと思いました。

コメント