壊れた、壊れてないの基準

スポンサーリンク
お金に関する考え方

実は昨日、私のマウスが壊れました。
でも、旦那さんに言わせると「壊れてない」んだそうです。

実際に見てください

コチラ↓が私のマウスの画像です。
全体的に汚いのはスルーしてやってください。拭いてもあんまり綺麗にならないのです…

はるか
はるか

ね?ほら、指が当たるところが剥げてるねん。

旦那さん
旦那さん

こういうのは壊れたって言わへんよ。まだ使えるし。

はるか
はるか

えー、でも指が当たるところがガサガサして気持ち悪いやん。新しいの買ったで。

旦那さん
旦那さん

え…もう買ったの?これ捨てるの?
もったいないなー

機能は果たせても、使いづらかったり、汚れたりしたとき

こういうとき、私はすぐ「見た目も汚いし使いづらいから、買い替えたい」って思ってしまいます。
でもって、すぐ新しいものを購入。

今回の場合は特に、このマウス、surface arc mouseと「サーフェス」って名前についてるくせに、サーフェスラップトップと接続がめちゃくちゃ悪くてイライラさせられたり(電源管理などは対処済み)、デザインは良いけど汚れが取れにくかったりと、他にも気になる点があったのです。

でも、旦那さんはマウスとしての役割が果たせるなら使い続ける
私の方がダメというか、「お前どんだけ金持ちやねん」っていう考え方なのは重々承知しております。
バンバン買い換えられる金持ちなら構わないと思いますが、実際は金持ちではないということも。

物を大切にしないわけではない

で、こういうことを書くと「物を大切にしない」と思われそうですが、私としては必ずしもそうではないと主張したい。
家電は取説通りにきちんと手入れをしながら使いますし、掃除もこまめにしてホコリが付かないようにしていたりします。
家電以外の家具や洋服なども全てかなり丁寧にお手入れしています
でも、お手入れで何ともならなくなると捨てたくなる

一方の旦那さんは、「大事な本だから」と言って捨てたがらない本が実家に大量にあったのですが、めちゃめちゃホコリかぶってて、積み上げているからページが折れたりしてて
でも、なかなか物を捨てません

細かいことが気になり過ぎる

この件に関して、旦那さんのようになりたいとは思ってないんです。
物を丁寧に扱うという部分は、自分で言うのもなんですが美徳だと思う。
ただ、「ちょっと傷がついただけで、新しいものに変えたくなる」という部分は変えたい。
指があたる、見た目が悪い…確かに気になってしまうんだけど。
気にしすぎなんだよなーとも思うのです。
良くない完璧主義なんですよね。

神経質なこの性格を矯正できたらお金との付き合い方も変えられそうなのに…と思いつつ、なかなか難しいです。

ブログを書くことで少しずつ意識を変えられたらと思って書いています。
とりとめのない話になってしまってごめんなさい。
読んでいただき、ありがとうございました。

コメント