食費の削減について考えてみました

お金に関する実践

昨日の記事で6~7月の家計簿の振り返りをしました。
特に多いと思った項目のうち、今日は食費について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

今月の食費を振り返る

こちら↓がマネーフォワードに入力した6~7月の食費です。

昨日の記事でも書いているのですが、外食費(カフェ代・おやつ代含む)は、旦那さんと折半の上、自分が払った分のみをマネーフォワードに入力しています。
しかも、旦那さんがおごってくれている時もあるので、実際には2人分の今月の外食費は¥40,000-を越えていると思います。
昨日の記事で外食費の計算を間違えていたので、訂正しました。ごめんなさい。
つまり、食費合計は¥85,000-くらいということになります。
高すぎ。

我が家の食費事情

我が家の普段の食事は、2食+軽食です。
旦那さんの仕事の勤務時間帯が少し遅いので、仕事の日は、
2人で昼ご飯を食べる→夕方に各々軽食を取る→夜遅くに2人で夜ご飯
という感じになっています。
昼と夜は私が作っていて、この分を家計簿では「生活費食料費」としています。

問題はここから。
私の体調が悪くなると何もできなくなってしまうため、総菜や中食、出前を頼んでいます。
しかも、旦那さんの帰りが遅いため、選択肢がかなり限られます。
これが結構高くつくんです…

もう1つ、旦那さんが休みの日の夜ご飯は基本的に外食です。
これまでけっこう自由に食べたいものを食べていました。
そうしたらこうなりました。当たり前だ。

はるか
はるか

これじゃいかん!
外食費の予算を作ってその中で食べるようにしよう!

体調に関しては、私自身が一番何とかしたいと思っているのに出来なくて、悔しい思いをしている部分です。
「毎日作るようにする!」は理想なんですが、そういう目標を立ててしまうと追い詰められて余計に治りが遅くなってしまいそうです。

まずは、無理のない範囲で進めていきたいと思っています…

予算を考える

私が作れている日の夜ご飯代と昼ご飯代は、調味料代や米代なども足して、2人で1日¥1,500-くらいです。
この金額はこれ以上は下げなくても良いかなと思っています。

現在の食費は¥85,000-。
これをまずは¥70,000-まで下げるとして、
仕事の日:¥1,500-×20日=¥30,000-
(休みの日の昼ご飯代含む)
休みの日:¥3,000-×10日=¥30,000-

体調不良の日の余裕を持たせて¥10,000-
合計で¥70,000-。

外食費を2人で1日¥3,000-にすれば、計算上は¥70,000-に収まるはず。

使うお金を減らすのは大変

旦那さんと相談しながら決めたのですが、2人で¥3,000-って、夜ご飯を食べに行くお金として多くはありません。
2人ともお酒は飲まないので、お酒代はかからないのが幸い。
私が作っている日は、一汁三菜、ある程度バランスを考えた食事をしています(料理はわりと好きなので)。
その分、休みの日はラーメンとか、ちょっとジャンクで高くなくて、自分では作れない物を食べるのが良いかな思っています。
たまには高い物も食べに行きたいけど。

はるか
はるか

休みの日も作れたら一番良いんやけど、ごめんね。

旦那さん
旦那さん

仕方ないよ。無理して体調悪くなっても意味ないし。

はるか
はるか

普通は全体的にもっと抑えた生活費で生活できるよね?大変やなぁ…本当にそんな風になれるんかな?

旦那さん
旦那さん

生活スタイルはそれぞれやから。うちはうちでやれることやっていったらいいんちゃう。

きちんと予算を作るというのは初めて。守れるかな?

家計簿を真面目につけたことがなかったんだから当たり前ですが、こんな風にきちんと考えて予算を決めたのは初めてでした。
こういう風に考えるんだな、というのと、思ったより下げるのは大変だなというのが感想です。
次はこれをどれだけ実行できるかです。
今月は安くておいしい店を見つけることを楽しみながら、生活したいと思っています!

コメント