ティッシュをハーフサイズにしてみました

お金に関する実践

以前に、日用品にお金がかかっている気がすると書きました。

その中でチラっと書いていたのですが、ティッシュの消費量が半端ないんです。
なんとかコスト削減できないか試してみました。

スポンサーリンク

まずは今までの使い方

まずは、我が家のティッシュ消費を項目に分けて考えてみました。
消費量の多い順(量ったわけではないので推定ですが)から、

  1. 掃除
  2. 料理
  3. 化粧
  4. 鼻をかむなど

掃除が一番多いです。
ぴよきち(インコ)の落とし物や小屋の掃除にも使うし、ちょっと床を拭いたり、洗濯機のフィルターのゴミを取ったり、コーヒーメーカーを使った後に拭いたり、例を挙げればきりがないです。

続いて、料理。
これまた落ちたものを拾ったり、あと油を引くのにもティッシュを使ったり。

更に、化粧。
出すぎるアイライナーを拭いてから使ったり、使った後のスポンジや筆を軽く拭いたり、ケースについた粉を拭いたりなど。

最後に鼻をかむときなど。
花粉症の時は消費量が劇的に増加します。

ティッシュのブランドと置いている場所

ティッシュは「クリネックス ティシュー」一筋!
個人的に、柔らかさと値段のバランスが良いと思っています。
以前に他の安いティッシュを買ってみたら、ゴワゴワして顔に触れるのが嫌だったんです…。

180組5箱入りで¥400-前後です。

↑これ。今めちゃくちゃ高くなってます…。

で、置いている場所は4か所。
ダイニング、キッチン、洗面所、寝室です。

掃除用に肌触り関係なくない?

消費量が1番多いのは掃除のとき。
でも、買っているのは肌触り重視の普通~少し高めのティッシュ。

はるか
はるか

え…意味なくない???

気づくの遅いですが、意味ない!
ぴよきちのフンを取るのに、なんで柔らかティッシュでないといかんのじゃー!!
料理の時だって、別にゴワゴワティッシュで良いやないかー!

安いティッシュを探してみました

ということで、掃除・料理用は安いティッシュでいいという自分の理解が得られたので安いティッシュを探してみました。
その中で、今はハーフティッシュも結構売られているということを知りました。
ホテルとかによく置いてあるやつです。

掃除以外にも使うことはあるので、まずはキッチンに置いているティッシュを掃除・料理用にすることにしてハーフティッシュに変えてみました。
因みに、ハーフティッシュと記載があっても普通サイズのティッシュが半分に折られているバージョンと、ティッシュ1枚のサイズが半分なものの2種類あります。
私が買ったのは1枚のサイズが半分の物です。

↑なんか10個入り12ケースまとめ買いの物しか画像が出ないんですが、10個入りを買ってます。

アマゾンさん高いですが、普段はロハコで180組10個入り¥298-で買ってます。
サイズがハーフなので、単純に普通サイズに換算すると180組5個分で¥298-ということになります。
クリネックスと比べると5箱分で¥100-くらい安く、かつサイズがハーフだからと言って使う量が倍にはならないので、実際にはもう少し安くなっていると思います。

実際に使ってみて

使用感は全く問題ありません。
しいて言えば、最後の方になると1枚ずつ出すのが難しくなるかな?という程度。
サイズが半分で場所も取らないし、鼻をかみたくなったらすぐそばにダイニング用のクリネックスが控えています。
ハーフティッシュで鼻をかむのは少し心もとなく、紙質も少し硬めです。

洗面所の分も変えようかなと思っていて、今のが無くなったら試験的にハーフティッシュを置いてみるつもりです。

はるか
はるか

今まで何となくティッシュ勿体ないな~と思ってたけど、ちゃんと考えれば解決策があったんですね!

コメント