お祝いや家具、その他特別なお金の管理

スポンサーリンク
お金に関する実践

7月末に私の父の誕生日がありました。
ネスプレッソマシンをプレゼントしたんですが、ご飯は父の行きつけの店でおごってもらってしまいました(父は今も働いていて、それなりに稼いでいます)。
今日はお祝いなどやその他特別な支出について、我が家の管理法を書いてみます。

お祝い用の口座を作っています

これ自体はそんなに珍しいことではないんでしょうか。
親戚の慶弔、誕生日、母の日父の日などで使うお金は、全て専用の貯金口座から出しています。
もともと、結婚式でいただいたご祝儀が余ったので、それを貯金したのが始まりです。
結婚したのがそこそこの年齢だったので、親戚のみを呼んで、教会で式を挙げ、異人館を改装したレストランで披露宴を行いました。
そしたら、まさかの黒字になったんです(ケチったわけではないんですが…両家の両親からのお祝いが多かったことも理由の一つ)。
で、それをそのまま貯金して、何かの時にはそこから使うようにしています。
なんというか、完全にもらったものをそのまま回す感じになってます。

家具家電などの口座もあります

こちらは、新居のマンションに引っ越した時にいただいたお祝いを貯金しています。
ここから出すのは、壊れて買い替えなければいけなくなった家具や家電代です。
今のところ、ほとんど使っていません。
いつか、大物家電が壊れた時なんかに使えるようにと思っています。
必須ではないけど欲しくて買っているものやゴミ箱などの小さなものは、普段の生活費から出しています。

管理しているのは住信SBIネット銀行

基本的に普段はほぼ使いません。
お祝いや家具などでお金を使った時は、いったん立て替えておいて、後で住信SBI銀行の貯金用口座から普段利用の口座に振り込むという使い方をしています。
なので、他行宛ての振込手数料がタダになる回数が多いということが重要でした。
あとは、目的別口座が作れるというのも使いやすかったです。
代表口座を1つ作ると、5つまで目的別口座を作れます。
今は代表口座でお祝い用のお金を管理し、「修繕費」という目的別口座を追加して、家具家電用のお金を管理しています。

他の特別支出も、ちゃんと管理できるようになりたい

他にも、定期的に出ていくお金があります。
固定資産税、旦那さんのスーツ代、もしもの時の病院代など、きちんと準備しておけるようになりたいと思っています。
今年の固定資産税は住宅ローン減税の還付金で賄えているのですが、これも今のうちだけだし…
また、旅行用にお金を貯めておけるようにもなりたいなーなんて、夢は膨らみますが、現実は日々の家計簿が赤字ですから。
少しずつ、ですね。

はるか
はるか

私の場合は臨時収入は手元に置いておくと使っちゃうので、全て何か用の貯金として普段使わない口座に移してしまえば、使わずにおいておけるなって思いました。

コメント