買わなきゃよかったと思うものから、自分の価値観を知る

スポンサーリンク
お金に関する考え方

昨日の記事で、「買ってよかった」と思うものについて考えてみました。
今日は「買わなきゃよかった」と思うものを振り返ってみて、今後同じような失敗をしないように、まとめておきたいと思います。

買わなきゃよかったもの

パッと思い出せる「買わなきゃよかったもの」は圧倒的に洋服や小物が多いです。
ネットで買っていることもあって、サイズが合わない、着てみたら胸元が開きすぎ、履いてみたら脚が痛い、思っていたのと色味が違っていた、などなど。
本当にめちゃくちゃ失敗が多い。

この記事でも書いていますが、やっぱり実店舗で試着してから買うべきだと思いつつ…
試着した後に断るのが苦手とか、実店舗だと判断力が鈍りがちとか、デメリットもあったりして、なかなか難しい所です。
試着してから1日置いて買うかどうか決めるっていうのが良さそうだけど、買わずに帰るのを繰り返すのは、ハードル高いしなぁ…。

昨日の記事でも書いていますが、失敗じゃなかった場合でも、洋服はあまり「買ってよかった」とは思わないようです。
洋服は自分だけの好みというより、周りの人によく思われたいという視点で買っていることが多いからかな…?
かと言って、誰に何と思われても自分はこの洋服を着たいのよ!っていうほど趣味がはっきりしているわけでもなければ、心の底から「誰に何と思われても良い」なんて思えないし。
当たり障りなく、それなりに流行を追いつつ、自分の好みも混ぜつつ、サイズが合うものを着るのが安心なんですよね。

はるか
はるか

洋服に関しては、「失敗にならない物を買う」っていう方が良さそう。
となると買う基準は、

  1. サイズが合う
  2. 着心地が悪くない(足が痛いとか、胸元が空きすぎて不安とかも避ける)
  3. 流行はそれなりに取り入れる
  4. 冒険しすぎない

なんか、めちゃめちゃ守りに入った、つまらない基準ですが。
でも、私にとっての失敗のない洋服はこんな感じです。
1と2は、やっぱり試着しないとわからないよな…

お金をかけるんじゃなかったと思うこと

一時期マッサージにはまっていて、通っていたことがありました。
確かに気持ちいいんだけど、高いんですよね…
しかも、根本的な解決にはならないし。
ひととき気分が良くなるのは良いと思うんだけど、私にとっては高すぎるかなぁと思います。

あと、携帯のゲームもはまった時があって、少し課金してました。
今はやってないですが、これも無駄だったな…
ゲームが好きで、すごく楽しめる人ならいいんだろうけど、もともとゲームが好きなわけじゃなくて、単に暇つぶしで始めただけだったし。
後に何も残らないし、お金をかけるべきところではなかったなって思います。

反対に、後に何も残らなくても鳥カフェに行って普段触れない大型インコさんやオウムさんと触れ合うのは、めちゃめちゃ幸せを感じるので、これはアリです。
あと、本は気分転換にも暇つぶしにもなるので、これもアリ。

はるか
はるか

疲れた時やちょっと暇なときについ使っちゃうお金は、よく考えると無駄なことが多いみたい。
鳥カフェとか、好きな本とか、これまでに実績を上げているもので対処するようにしよう。

経験したことのないことには、お金を払っていきたい

ここまで、これまでにお金を使ったことのあるものに対して、上手くいったことと失敗だったことを振り返ってみました。
同じような失敗は避けられた方が良いし、こういうのが好きっていうのを知っているなら、それに近いものを買った方が良い。
でも、あんまり守りに入り過ぎるのも…
経験したことのないことに対しては、お金を理由にやめるっていうことは無いようにしたい。
もし1回目は失敗したとしても、それで良しとしようと思います。

欲しいものを買うかどうか迷った時も、全部「買わない」ってしてしまったら楽しみがないし、私の場合リバウンドで無駄遣いしまくる時がきそうです。
そのへんのバランス感覚をつけられたらいいんですが…まだまだ先は長そうです。

はるか
はるか

疲れてるときとかは判断基準がブレがちだから、これまでの経験を思い出して、失敗を回避!
でも、楽しそうだな、良いなって思ったことに対しては、できるだけお金を使えるようにしていきたい!

コメント