先延ばしが家計を救う!

スポンサーリンク
お金に関する考え方

私は今日できることは今日やってしまいたいタイプです。
だって、明日は体調が悪くて何もできないかもしれないし、突発的な別の仕事が入るかもしれない。
なのに、お金に関することでは、すぐ明日の自分に丸投げしちゃうんです…

仕事を明日に残すのが怖い

正確にはわからないけど、研究室にいた時に体調崩し始めたころからかな?
とにかく、今できることは今やっておきたい。
明日に仕事を残したらダメだって思うようになりました。
いつも焦ってて、終わらせておきたい仕事が連絡や備品が来ないと進められないような場合は、気持ちだけが逸ってイライラ…
それが強迫観念のようになってて、常にピリピリしてました。

はるか
はるか

今は仕事もしてないので、明日できることは明日するようにしてますが、外で仕事し始めたら元に戻りそうでちょっと怖いです。

お金に関しては明日の自分を過大評価

ところが、です。
お金に関しては、全然違うんです。
なぜか、来月の私は、お金を使わずに生活できるような気がする。
来月の私は、そんなに欲しいものがないような気がする。
なんでやねん。

今まで何度も何度も何度も裏切られたくせに、なぜか来月の自分に期待…というより来月の自分を過大評価してしまいます。
以前にネックレスを買っちゃった時にも書きましたが、先に貯金を使って買ってから今月から少しずつその分を補填していこうとか。
いや、私には絶対そんなの無理だって!

心の奥ではそんなことわかってるはずなんです。
だって、本気の本気で来月の私は急に節約できるようになるなんて信じてるわけじゃないし。
でも、欲しいものが出来ると、あっさりと来月の私に「節約」っていう仕事を丸投げしちゃうんですよね。

先延ばしは良い部分もある

ところで、あることを先延ばしするのって、それを止めるための一番いい方法なんだそうです。
例えば止めたい習慣があるとして、それを先延ばしにしていくことで、そのうちやめられる、といったような感じです。
実際、認知行動療法の1つに「習慣逆転法」という、先延ばしを応用した精神療法があるらしいです。
だいたい以下のようなステップで行うそうです。
※全くの素人ですので、間違っているかもしれません。興味がある方はご自身で詳しく調べてください。

  1. 意識下練習
    止めたい癖や習慣が出たらすぐメモを取る。周囲の状況や時間や場所なども記録して意識する。
  2. 拮抗反応の学習
    止めたい癖や習慣を妨げる行動を決めて、癖や習慣が出たらすぐその行動をとる
  3. リラクゼーション練習
    癖や習慣はストレスを感じた時に出やすいので、ストレスを軽減する(腹式呼吸とか筋弛緩法とか)。
  4. 偶然性の管理
    癖や習慣を止められたときに、自分で自分にご褒美をあげる。
  5. 汎化練習
    これから先、癖や習慣が出てしまうかもしれない状況を予測して、コントロールできる自分を想像しておく。

※1と2だけでも効果があるそうです。

浪費を止めるのにも使えそう!

以前に、後回しにすることで買うのを止められたという記事を書いたことがあります。
その際、なんと「別の行動を取って買う衝動を抑える」っていう、上で言うところの「2.拮抗反応の学習」のステップも無意識にやってました。

つまり、習慣逆転法は、既に浪費を止めるのに役立ってた!
止めたい癖や習慣が出たら記録するというのも、これまでにブログでやってきています(過去記事123)。
今後も(今後も浪費する予定なのか…?)浪費しちゃったら、ブログでその時の状況などをしっかり記録していこうと思います。
あと、ほとんどはネット経由の買い物なので、買いたくなったらネットを閉じて別なことをするようにしたいと思います。
もうちょい具体的な方がいいな…買いたくなったらネットを閉じてぴよ吉に話しかけるようにしたいと思います。

はるか
はるか

なんかちょっと浪費がマシになりそうな気がする!

コメント