マネーフォワード、使い始めの感想

お金に関する実践

前回の記事で、マネーフォワードという家計簿アプリを使い始めたと書きました。

登録して1ヶ月も経っていないので、まだ家計の公開はできません…(そのうち公開予定です。)
そんなマネーフォワード初心者ですが、それでも使い始めて気づいたことがあるので、書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

私のマネーフォワードの使い方

マネーフォワードにはいろいろな機能があります。
有料会員か無料会員かでも使えるコンテンツに差があります。
始めたばかりの私はとりあえず無料会員。
以下の通り、最低限しか使っていません。

  • 入出金を入力する
    ネットで買ったもの、クレジットを切ったものも、その瞬間に「お金を使った」とみなして、使ったらとにかく即入力
  • カレンダーの表示を確認
    カレンダー上に日々の入出金額が自動で表示されるので、確認しています。
  • 収支内訳の確認
    自動で収支の項目別パーセンテージと円グラフが見られるようになっています。

お金を使っていることを意識するようになった

入出金、特に支出の入力は、お金を使ったらすぐに入力を徹底しています。
外出先ではスマホのアプリが非常に便利です。
いつでもすぐ入力できます。

このことによって、
「あぁ、私は今〇〇円お金を使ったんだな」
と、今までよりずっとリアルに感じられるようになりました。
特にICカードでの交通費などは、今までお金を使っている感覚が薄かった。
あと、コンビニでの買い物などは、お金を使っている感覚はあっても、無意識に少額だし…と思っていた気がします。
はたまた、出費が連続すると1つ1つの出費に対する感覚が薄れるらしいということもわかりました。
※私の場合、外出先で本を買い、カフェに入り、更に100均に寄って、それからパンを買って、夕飯を買って…とかすると、1つ1つにかけたお金に対する意識が薄れます。

私、毎日お金を使ってる…

マネーフォワードではカレンダー上に日々の支出と収入が表示されます。

5/26から始めました。毎月15日が給料日なので、締め日が14日になっています。
数値は隠しちゃいましたが、赤が支出、青が収入(ポイントで購入したときにポイント分を収入としています)です。

本当にほぼ毎日何かしらお金を使っていて、しかもこれまでそのことを意識していませんでした。
マネーフォワードを使い始めてから、お金を使わなかった日は「今日は使わなかった!えらい!」って嬉しくなったりするようになりました。

収支の内訳は、まだ活用できず…

こんな感じで項目別の金額と割合が出ます。
※中項目は自分で追加作成できます。

1カ月使ったら各項目どれくらい使っているか確認して、予算(次の項でお話しします)の設定に役立てたいと思います。

これから使いたい機能とその他の機能

  1. 予算の設定
    項目ごとの予算を設定し、それに対して今どれだけ使ったかを確認できます。
  2. 銀行・クレジットカード・ネットショッピングサイトとの連携
    連携すると銀行の入出金情報や、クレジットカードの利用状況、ネットで買ったものの入出金記録が自動で反映されます。

1.予算の設定
今後利用しようと思っている機能です。
というのも、家計簿のメインページに月次収支が表示されるんですが、途中からこれが結構気になり始めまして…

よく使うページのトップに表示されるので、今どれだけ使っていているのかが毎回目に入ります。
これを見ることで、あといくら使えるのかを気にするようになりました。

予算を設定すると、項目別でもこのような表示が見られるようになります。
例えば、食費の予算を月4万と設定したら、「今月もう3万使っているから、あと1万しか使えないですよ~」っていうのがパッと目に入る感じです。
ぜひ使ってみたいと思っています。

2.銀行・クレジットカード・ネットショッピングサイトとの連携
こんな機能あるんだ!とびっくりしましたが、私は今のところ利用していません。
銀行の入出金記録を自動で引っ張ってきて、手入力しなくても家計簿に反映してくれたり、クレジットカードの利用歴、アマゾンや楽天などのショッピングサイトの購入歴、WAONやnanacoなどの利用歴も自動で情報を取得し、反映してくれるようです。

正直何となく怖いのと、私の場合はお金を使ったその瞬間に入力して「お金を使っている」感覚を持つことが大事だと思っているので、利用していません。

使い始めただけで、意外と意識に変化があった

正直驚きました。
今までも一応家計簿はつけてたけど、ただの作業になっていたみたいです。

一番の変化は、「私、今、お金を使ってる!!」という感覚を取り戻せたことです。
これが、節約に結びつくのか?だからお金を使わなくなるのか?
そのへんはまだわかりませんが…でも一歩前進した気がします。

コメント