物とお金、どっちが大事?

スポンサーリンク
お金に関する考え方

私にはいつも欲しいものがあって。
ほとんど常に欲しいもののことを考えてます。
対して旦那さんは、あんまり欲しいものがなくて、お金を使うのは旅行がメインです。

「欲しいもの」と「お金を出してでも欲しいもの」

上にも書いている通り、私自身は物欲の塊です。
でも、「欲しいもの」にもレベルがあって、全てが「自分のお金を出してでも欲しいもの」ではありません。 

例えば、↓のドライヤーとか、欲しいけどドライヤーにここまでの値段出すほどじゃないから、積極的に「欲しい」とは思ってません。
ドライヤーに、\40,000-って…

でも、懸賞で当たったりしたら嬉しい。
他にも「現実問題、それにそこまでお金を出すつもりはないけど、もらえるなら欲しい」みたいなものはいくつかあります。
\40,000-のドライヤーを自分では買わないけどね。

とはいえ、扇風機には\40,000-以上出してる(過去記事)わけで、「それにそこまでお金を出す」っていう価格と物のつり合いは、完全に感覚で決めてます。
当たり前ですが、欲しい度が高ければ高くても買うみたいな。
「欲しい度」っていうのも、その時の気分ですけど…

旦那さんの考え方

ここで、私よりかなーり物欲の弱い旦那さんに登場してもらいましょう。
「自分で買うほどではないけどタダで貰えるなら貰う程度に欲しいものってある?」と聞いてみました。
旦那さんの答えも「タダで貰えるなら欲しいものはあるよー」でした。
例えば、ちょっといいパソコン、ちょっといい自転車なんかはタダで貰えるなら嬉しいそうです。
物が欲しいという気持ちが全然ないわけではないとのこと。

でも、旦那さんの場合は「自分のお金を出してまで欲しい」と思う物はかなり少ないそうです。

旦那さん
旦那さん

お金を使うのは旅行と本って決めた。
だから、それ以外は自分のお金を出してまでは買わないかな…

私はこれまで、「欲しいものがない」って言ってる人は、実際にはあるけど「欲しい」と思わないようにしているんだと思っていました。
意識に上らせないように、自分をコントロールできる人なんだと。

でも、旦那さんの場合は違うらしい。
「自分のお金を出してでも欲しい」っていうレベルに達している「欲しいもの」が少ないらしいのです。
パソコンは多少動きが遅くても、使えればいい。
ちょっといいパソコンはタダで貰えるなら嬉しいけど、自分で買いたいほどではない。
そこまでの価値は感じない。

物に価値を置きすぎる私

私は欲しいものがあると、ホイホイ買って、すぐお金を使ってしまいます。
それって、自分のお金を大事にしてないってことなのかもしれません。
物とお金の価値を比べると、結果的に物の方が上になってしまっている…

\40,000-のドライヤーは高いけど\10,000-だったらいいのか?
ほんとに、そのドライヤーは\10,000-出す価値があるのか?
つまり、そのドライヤーは\10,000-以上の価値があるのか?
\10,000-とそのドライヤーを交換するのは、妥当なのか?
なんて、ちゃんと考えたことがなかったと思います。
ドライヤーの相場を考えると、こんなもんかなー程度。

お金の価値を低くしすぎてる!
もっと大事にしないといけない!!と思いました。

はるか
はるか

でも、旦那さんの「お金を貯めておくのが楽しい」「買おうと思ったら買えるけど買わないって状態が嬉しい」には共感できない…
そんな風にはなれそうにないんですが…

コメント