日用品ストックを減らそうと思います

スポンサーリンク
お金に関する実践

これまで、日用品はほとんど全てで多めにストックを置いていました。
でも、ちょっと見直そうと思います。

これまでのストック管理法

以前にも書いたことがあるのですが、私は日用品はほぼ全てネットで購入しています。
楽天マラソンというポイントアップイベントの際に、楽天市場でまとめ買い。
だいたい月に1~2回くらいです。

はるか
はるか

節約ができない人のステレオタイプとして「ストックがあるのに買ってしまった」「大容量を使いきれない」なんてよく言われるけど、そんなことは全く無かったです。
「節約できない人=ルーズな人」だなんて、無責任に言わないでほしいっていつも思っています…

日用品はエクセルに一覧にして、ストックしておくべき数と現在の在庫を確認して必要分を買い足すという方法を取っていました。

↓在庫数を入れると必要数が計算され、必要数が1以上だと赤字になるというシートを作ってます

なんでこんな風にしたかというと、「あれが切れてるから買わなきゃ」とか「あ、買い忘れてる!」とか、日用品の有無に振り回されるのが嫌で、月に1回で済ませてしまいたかったから。
月1ですべての在庫を確認しないといけないけど、その時だけのことで、あとは何も考えなくていいのが、とても楽チンでした。

メリットとデメリット

この方法だと、何も考えずに「足りない→買う」という風になるので、それが手間をかけないというメリットであると同時に、本当に必要かどうかを考えずに買ってしまうというデメリットにもなっていました。
節約を意識するようになって、気になりだしたポイントの1つです。
でも、このデメリットはストックをまとめ買いするときに、「これって本当に必要?」と自問することで解消できます。

最近気になりだしたもう1つのデメリット。
それは、ザックリ言うと「生活が変化すると無駄が出る」という点です。

最近色々と変化がありました

これまで私は「昨日と同じ今日、今日と同じ明日、何も変わらない穏やかな日々が理想」と思っていました。
本当に細かいことですら、「いつもと違う」ということにストレスを感じてしまっていたんです(病気のせいもあります)
例えば、いつもと違うブランドのティッシュしかない、今日1日だけハンドクリームが切れていて使えない、そんなことが耐えられない。

でも、最近だいぶ落ち着いてきたのか、少しずつ変化を楽しめるようになってきました。
入浴剤を変えてみたり、ティッシュを変えてみたり。
そういう精神的な変化が1つ。

もう1つは、体の変化です。
例えば、今までのボディオイルだと乾燥を防ぎきれない、不織布のマスクにアレルギーが出始めた、市販のナプキンでかぶれるようになったなどなど…
これからも、今は思いつかないような変化が起こるのかもしれない。
愛用しすぎて、これがないと生きていけないと思うくらい好きなハンドクリームも、いつか合わなくなるかもしれない。
そう感じるようになりました。

ものが無駄になる=お金が無駄になる

実際に、マスクとナプキンは、全く使えなくなってしまいました。
マスクは旦那さん用に置いていますが、ナプキンは廃棄です。
人にあげるようなものでもないし…
ストックを少なめにしておけば、もう少し傷も浅かったと思います。

何も考えず、ほぼ自動的に毎月お金を使うなんて、お金の管理ができる人はそんなことしないですよね。
でも、当時の私には「いつもの物が常にある」という安心感が必要だったのかもしれません。
今すぐ完全にストックをなくすつもりはないのですが、少しずつ減らしていこうと思っています。

はるか
はるか

今後は、その時その時に、「今これが欲しい」「これにお金を使いたい」と心から思えるものを買いたいなぁ

コメント