節約疲れ?

スポンサーリンク
お金に関する考え方

今日はまた一段と過ごしやすい気温でした。
そんな中、やっと親知らずの抜歯後の抜糸(歯医者さんでは「ばついと」っていうらしい)が終わりました。
傷口はふさがってきているそうですが、まだ痛いんですよね…
ロキソニンが手放せません。

生活の端々にも緩みが…

昨日の記事でも書きましたが、最近節約気分が緩んでます。
欲しいものが増えているのもなんですが、他にも、以前なら水道を使うとき、基本は水で必要な時だけお湯っていうのを徹底してたんですが、最近かなり適当に。
あ、お湯やった…ってときが何度かありました。
あと、お風呂の栓をせずに風呂を入れ始めたり。
お湯張りは自動なんですが、水を入れてから沸かすらしく、沸かす段になってから「お風呂の栓が閉まっていません」って言われるんです。
つまり、水は全部排水口へ流れていったあと。
もうちょっと早くアラートしてくれ!!…って責任転嫁ですが。

節約しようと思うと頭が疲れる

なんでこんなに色々考えないといけないんだろう?
いちいち水道のレバーが水側かお湯側か確認して。
エアコンはできるだけ我慢して(ぴよ吉がいる部屋は基本ついてるけど)。
欲しいと思ったものも、すぐには買わないようにして。
外食も1日\2,000-以内になるように計算して。
1つ1つは大したことじゃないんだけど。
でも、節約って疲れる。
我慢することに疲れるっていうより、いちいち立ち止まって考えて、頭を悩まさなきゃいけないことに疲れた…

何も考えずにレバーを上げて水を出して、暑ければエアコンつけて、欲しいと思ったら買って…
今までそうやって生活してたんだなぁって思います。

やめる?続ける?

別に誰かに強制されてるわけでも、お金がなくて生活できないというわけでもないんですよね。
ただ毎月赤字で貯金から補填して、それをダメだなって自分でも思って、嫌になるっていう生活から抜け出したくて始めたはず。
あと、ずーっと赤字が続く生活していたら老後は危ないかもしれないし。
とはいえ、個人年金なんかもいくつか入ってるし、そんなめちゃめちゃ不安ってわけでもない。
だいたい、いつ死ぬかわからないし、病気が酷かったときなんて1カ月後のことすら想像もできなかったのに、無理してしんどい思いをする必要もないかなぁ?
止めたければ止めたらいいし、続けたければ続けたらいい。
自分次第…

はるか
はるか

でも、こうやってまたうやむやにしてしまったら、後悔しそう…
赤字だからじゃなくって、続けられなかったことで更に自分が嫌いになりそうだなぁ。

無理しすぎない

実は昨日、先月の家計簿を見せて旦那さんと話をしていたのですが、やっぱり日用品費が高いねって話になり。
でも、旦那さんいわく「今と同じレベルで部屋を片付けて掃除をするんだったら、これ以上日用品を減らすのは無理だと思う」と。
部屋はきれいな方が良いし(旦那さん自身はそこまでめちゃめちゃ綺麗でなくても良いらしいけど)、それを変える必要はないから、今はこのままでいいんじゃない?と。

ということで、しばらく日用品費には目をつむることにしました。
考えることが多すぎると疲れちゃう。
とりあえず、食費をしっかり守ること。
衝動買いをしないこと。

このあたりを守りながら、またやる気の波がやってくるまでのんびり待ちたいと思います。
レベル低いけど、そんなもんだよ!!

はるか
はるか

続けることが何より大事!!

コメント