体調を整えるためには

スポンサーリンク
フィジカルのこと

私はどうも菌に弱くて。
親知らずの生え方が悪くて、周りに炎症を繰り返してたから抜歯したら今度は抜歯した傷口が化膿するっていうね。
他にも〇〇腺炎っていうのを繰り返してたり。
以前に、「浪費癖を治すには心身の健康が大事」って書いたんですが、本当になんとかしたい。

免疫力が低いのか?

去年はインフルエンザにかかって大変でした。
ほとんど外に出ないのに、どうやら旅行に行った先で貰ってきたらしく…
年齢もあるのか?
もしくは、持病のせいなのか?
とにかく、35歳を過ぎてから本当に感染症にかかりやすくなった気がします。

で、免疫力を高める生活を調べてみました。
だいたい書いてあることは同じで、

  • 体温を保つ(体を温める)
  • 腸内環境を良くする(バランスの良い食事)
  • ストレスを減らす
  • 睡眠をしっかりとる
はるか
はるか

よく聞くやつですよね。
これはこれで、そんなに間違ってなさそうだし、感染症予防目的だけでなく、こういう生活を心がけたい。

極論は怪しい、バランスが大事

さらに調べていて、ほぼ日刊イトイ新聞のサイトで、こんな記事も見つけました。
これは風邪の話なんですけど、でも面白いです。
ここに出てくる神戸大学病院感染症内科の岩田健太郎先生によると、「免疫力アップ」なんて書いてる時点でインチキらしいです。

一番うなずけたのは、この言葉。

「バランスが大事」みたいな話は好まれなくて「これだけを食べればいい」といった極論のほうが好まれる。

グーグルのアルゴリズムみたいなのも、人々がとびつくのは極論ですから、「こちらの記事のほうが人気ですよ」ということで、極論側に誘導しがちですし。
実際にはインパクトのない中道の考え方のほうが正しいことって、よくありますよ。「極論はない」というのが実は正しかったり。

私も修士までとはいえ大学院で実験やってた身としては、なんでこんな説がまかり通ってんの?って思うのがいっぱいあります。
「そんな論文、どこにあるんや!」
「ノーベル賞ものですけど????」みたいな。
だいたい、〇〇を食べれば△△が治るなんて…まぁありえん。
でも、そういう話って本当に多いですよね。

なんでもほどほど

ということで、私が決めたことはこんな感じ。
まぁ、なんてインパクトのない…(笑)

  • 体はほどほどに温めよう
  • ほどほどに運動をしよう
  • 自分の体が欲している食べ物を感じ取れるようになろう
  • 睡眠は不足していると感じない程度にしっかりとろう

あと、もう1つすごく心に残ったのが、

「自分自身を不健康だと思っている人ほど体調を崩しやすい」というデータはあります。

自分に対してネガティブな人って、健康面でいろいろと良くないことが多いんです。
ですから、健康のためにもあまり自分を不幸せだと思わないほうがいいかもしれないですね。
幸せ、不幸せって、捉え方次第ですから。

はるか
はるか

なんと!データが出てる!!
自分に対してネガティブなことは思わないように、っていうのは本当に大事なんですね…

ブログランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、励みになります*

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング

コメント