自分が本当にお金を使いたいのはどこだ?

スポンサーリンク
お金に関する考え方

ブログを書いてきて見えてきた、私がお金を使いがちなもの。
これまでは、支出を見ても、問題なのかそうでないのか見分けがつきませんでした。
でも少しずつ、このお金の使い方は修正していきたいなっていうのがわかってきました。

私がお金を使いがちなもの、ベスト4

今の私がお金を使いがちで、しかもお金の使い方を直したいなと思っているのは以下の4つ。

  1. 日用品
  2. インテリア用品(収納グッズ、ゴミ箱、ティッシュケース、テレビケーブルなどなど)
  3. 外食
  4. ブランド品(家電も含む)

このうち、日用品は数が多すぎること(つまり、使い過ぎ)が原因。
インテリア用品は、趣味ということもあって、細かいところまで全部良いもので揃えようとしているのでお金がかかってしまう。
外食は回数が多い…けど、これは今の体調では仕方ないので、体調と相談しながらぼちぼち。
ブランド品はたくさんは買わないけど、良い(高い)ものしか欲しくない病にかかってしまってる感じ。

はるか
はるか

買ったけど使わなかった…というような失敗はほとんどありません。
普段使う物にお金をかけたいみたい。当たり前と言えば当たり前だけど。

日々の生活を豊かに…という病

私は普段の生活を便利に、過ごしやすくしたいという欲求がすごく強いようです。
家にいる時間が長い私にとっては、家のインテリアや、家に置いている日用品は毎日何度も目にしたり使ったりするもの。
出来れば、ストレスなく使えるもので揃えたい。

昨日の記事でも書いていますが、私は北欧インテリアが好きで、インテリアブログをよく見ています。
また、いっとき「丁寧な暮らし」系の本を読むのにはまっていたことがあります。
そこに出てくるのは、引き出しの中まで綺麗に揃えられた収納用品、ケーブルは隠し、物は浮かして掃除しやすく…書ききれないほど家の隅々までに気を配って生活している方たち。
自分もブログを書いていたこともあって、そうあらねばと思ってました。
今の家は、引き出しの中は無印のボックスでまとめられ、ケーブルはモールで隠し、ティッシュは勿論ティッシュケースに入っているし、ご飯の時はランチョンマットに箸置きにコースター、作家さんの器に、北欧のヴィンテージのカップ。
こうして書いてみると、ただのミーハーなバカですね。

はるか
はるか

でも、ビシッと揃った棚の中を見ると、気分が良いんです…

実は飾りや器にはあんまり興味ないかも

以前に、洋服はあんまり「買ってよかった」と思わないと書いたことがあります。
今回の記事を書いていて気付いたのですが、私はインテリア用品でも、飾りにはあんまり興味がありません。
ミーハーで持ってるだけ。
そういえば、器もそうです。
単に、オシャレな人が持ってるから真似しただけ。

でも、揃った収納用品はテンション上がる。
使いやすい家電やキッチン用品も心が躍る。
つまり、これがお金をかけるか否かの分かれ目では???

はるか
はるか

日用品、とかインテリア用品とかいうくくりではなく、「使える」か「使えない(飾っておくだけなど)」かが私にとってはとても大きいんだ!

節約は自分にとって重要じゃない場所から

以前にも、家電などは買い物の満足度が高いと書いていましたが、やっぱり日々を快適にしてくれる物は、私にとっては大事なようです。
つまり、減らすべきはそうではないもの。
飾るためだけのオブジェ、素敵だけど食洗機不可で手洗いしないといけない器、そういものは好きな人にとっては癒しになったり、気分を上げてくれたりするものなんだと思います。
でも、私にとっては「オシャレと思われたいために買ったけど使いにくいもの」でしかなかった。

はるか
はるか

今後何か欲しいものができた時は、「これは私の生活を快適にしてくれる?」と考えてみよう。

長くなってしまったので続きます。
これで、「実は自分にとって必要ではないもの」を買うのは減らせそうだけど、必要と思ってるものは減らせるかな…?

コメント